これまでの歩み

マーカーで板書する女性

日本語教師養成講座の歩みは、社会の国際化と同時に進行してきた点が最大の特徴です。
特に最近ではより一層日本の文化や経済に興味を持つ外国人が増えてきたので、ますます日本語講座へのニーズが高まっているのです。
そのような日本語教師へのニーズの高まりに伴って、語学専門学校などが専門のコースを設置するようになったのです。
また日本語教師養成の学校の歴史の中で、次第にカリキュラムが体系化されるようになり、短期間で指導力のある教師を養成できるようになったのです。
特にカリキュラム発展の歴史の中では、理論と実践のバランスや、学習する内容の順番が大きなポイントになったのです。
更に最近では検定試験に向けた講座も設置されるようになったので、資格取得を目指す人も更に利用しやすくなったのです。
そして近年ではインターネットを使ったライブ授業も行われるようになったので、自宅からでも自由に授業に参加できるようになっているのです。

講座の選択

 日本には、現在沢山の外国人が暮らしています。
日本に住む外国人以外にも、海外では、日本語を学びたいという人が沢山存在します。
日本のカルチャーから日本語を学びたいと思う場合や、日本での就職を考えている場合など、その要望は高まっています。
その様な外国人に、日本語を教える日本語教師になりたいと考える人もいます。
一般的には、日本語教師養成学校に入学したり、通信講座を受講する方法が多く見られます。
その際に注意すべき事もあります。
自身において、まずは目的を明確にすべきです。
どこでその様に日本語を教えたい、というヴィジョンがないと、受講がムダになってしまう恐れがあります。
そして、生徒が日本語教師になった実績を多くもつ学校を選択する事も重要です。
 日本語教師になる際には、日本語教育能力検定を受験する事がありますが、それに合格するための講座も開設されています。
日本語学校が国内外にありますが、日本語教師として採用されるためには、どれほど生徒に理解してもらえる授業が実施できるかを証明する事も必要です。
検定試験の資格だけをもっていても、実績にはつながりません。
できるだけ、授業で模擬レッスンなどを多く経験する事も大切です。
学校に通学する場合には、それを実際に経験する場面が多い点にメリットがあります。
 日本語教師になるには、知識は勿論、場面設定における経験も大きく役立ちます。
学校を選択する時には、カリキュラムの内容や、生徒のその後の実績などを確認した上で、自分に合った学校を選んでください。
 

生徒をしかる講師

歴史も重要

まず、日本語を教えるためには科目を熟知する事から始まります。…Read more
仁王立ちで振り返る講師

科学的な目線

日本語教師の学校で講座を受けるのには、様々な項目の科目を受け…Read more
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031